腸閉塞は手術に至る危険な病気|症状に気付いたら即受診しよう

病棟

大腸の炎症性疾患

男性

大腸の炎症性疾患の症状

大腸の粘膜に潰瘍やびらんが形成される、大腸の炎症を潰瘍性大腸炎と言います。潰瘍性大腸炎の症状が下痢、粘血便、腹痛などです。また進行によって、貧血、体重の減少、発熱などの症状が現れることもあります。潰瘍性大腸炎の発症率は男女の性差はほとんどなく、男性の場合は20代前半、女性は20代後半に発症が多くみられます。潰瘍性大腸炎が発症する原因は現在明らかにはなってはいません。腸内への細菌の侵入や、腸の免疫機能の異常が原因の可能性が高いと考えられています。また潰瘍性大腸炎は欧米人に多く見られる疾患なので、食生活の欧米化も関与している可能性があるとされています。そして近年、日本国内でも潰瘍性大腸炎の患者は急速に増加しています。

大腸の炎症性疾患の治療法

潰瘍性大腸炎の治療は、一般的には内服薬による内科的治療が行われます。しかし内服薬で効果が出ない場合、または重症の場合においては大腸全摘出術と言う外科手術が選択されます。内科的治療は大腸の炎症を薬により鎮め、症状を安定化させることを目標に行われます。潰瘍性大腸炎は殆どの場合において、この内科的治療で症状はおさまります。重症で大腸全摘出術が選択された場合、大腸を摘出後、小腸に便をためる為の回腸嚢と言う袋を作成します。その回腸嚢を肛門に繋ぎ手術は終了です。手術後はこれまでと殆ど変わらない生活を送ることが可能です。そして内服薬による治療により症状が改善しても、再発してしまう場合が多いのが潰瘍性大腸炎の最大の特徴です。潰瘍性大腸炎になり内服薬での治療を受けた後も、定期的な内視鏡検査が重要と言えます。