腸閉塞は手術に至る危険な病気|症状に気付いたら即受診しよう

病棟

深刻な状態を防ぐには

花

初期の段階が負担を軽減

日本人に増えてきている大腸がんは、最悪な事態を迎えてしまう人も多いです。特に女性の患者数が目立ち、昔と比べてその数が急激に増えてきました。大腸がんになってしまう原因は、食生活の変化で動物性脂肪を多く取ってしまうことが挙げられます。また、便秘になってしまうことも大腸の環境を悪くしてしまい、大腸がんを招きやすくしてしまうのです。大腸がんは初期であれば比較的治療も負担が少ない方法で行われるので、そこまで深刻な事態にはなりません。けれども、大腸がんが進行している状態では、治療も難しくなってしまうことも多く、手遅れになってしまうケースも珍しくはありません。大腸がんは早めに気づいて治療を受けていくことが大切で、症状を見逃していては大変危険です。大腸がんの治療をなるべく楽に受けていくためにも、定期的な検診が命を守ってくれることにつながるのです。

検診のメリット

大腸がんの初期の治療では、内視鏡を使って行われます。内視鏡は先端にカメラとハサミが装着された小型の器具で、これを肛門から挿入して腫瘍を切除していきます。初期であれば腫瘍も小さく複数存在することも少ないので、この方法で治療を終わらせることができます。大腸がんの症状には血便や腹部の痛みなどがあり、日頃から便秘を繰り返している人は要注意です。症状の異変に気付くことも大事ですが、定期的に検診を受けていくことで発見されることもあるのです。また、加齢になるにつれてその確率も高まるので、1〜2年に1回は受けていきたいところです。この検診にも内視鏡が使われることが多いので、鮮明な映像で大腸の隅々まで確かめていくことが可能です。医療の進歩により検診が受けやすい状況になってきたので、負担の大きい治療にならないためにも、検診を受けるメリットは大きいのです。